FC2ブログ

◇ 三木 俊雄

新宿区百人町(大久保)の印鑑・はんこ職人【三木 俊雄】彫刻中

三章堂印房の開業は江戸後期に遡ります。
秋月藩主(現在の宮崎県)からのご下命とともに
店舗を拝受しました。

初代店主・三木俊雄は昭和28年(1953)、21歳で宮崎から上京、
名門印章店で修業の後、昭和42年(1967)、現在地に開業しました。
俊雄は篆刻を小林斗盦、書を西川靖闇(共に文化勲章受賞)に師事、
第8回日展5科書篆刻の部で入選を果たし、84歳の今も現役です。
ご希望に応じてその場でラフな印稿を書いてご覧に入れます。

新宿百人町(大久保)の印鑑・はんこ屋【三章堂印房】

新宿区百人町(大久保)の印鑑・はんこ職人【三木 俊雄】ラフ印稿
スポンサーサイト



甲斐のご家老

あなたの街の印鑑・はんこ職人を紹介します。

プロフィール

甲斐のご家老

Author:甲斐のご家老
あなたの街の印鑑・はんこ職人を紹介します。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ